お得に正規品バイアグラを買う方法

バイアグラ

バイアグラを国内で入手するには、病院で処方箋を出してもらうしか方法はありませんが、海外通販を利用すれば個人輸入という方法で処方箋がなくても購入することができます。

最近では「個人輸入代行通販サイト」という、購入者に代わって海外通販サイトからの輸入を行うサービスもあるため、海外の製薬会社から出ている医薬品も簡単に購入できます。
それこそAmazonや楽天と同じように気軽に利用できるので、忙しくて病院にいく暇がない人ED治療することを誰にも知られたくない人にピッタリです。

信頼できる個人輸入代行サイトなら、正規品バイアグラを病院に行くよりお得に購入できます。

海外薬通販を使う際に注意が必要なのは、正規品を扱っているサイトかどうかという点です。
中には偽物を販売する悪質な通販サイトもあり、そのような粗悪品を服用すると健康を害する危険性があります。

海外通販を利用する場合は、そのサイトの安全性を十分に確認し、取引上の注意に従って正しい方法で入手しましょう

バイアグラの口コミ

佐川:34歳
子作りのプレッシャーからかEDになってしまい、夫婦仲もあまり良くなかったのですがバイアグラのおかげでEDを改善することができました。海外通販は偽物とか聞いたことがあったので心配でしたが、副作用も無く効果もばっちりでした。

幸男:59歳
すごく有名で1999年に発売されていて、安全な治療薬を選びました。今更ながらですが…。年齢には勝てず、ネット通販で購入。届くまでソワソワ落ち着かなかったです。年齢的にも、半ば諦めかけていましたが、効き目も早くて彼女を満足させる事ができました!「もっと早く買えば良かった」と、心底後悔。

ガルマ:42歳
いろんなED改善薬を使用してきましたが、バイアグラが一番よかったです。妻も驚きとともに、とても喜んでいました。

磯野:50歳
病院に行くのは抵抗があったため、こちらのサイトを利用しました。 海外通販は初めてのことだったので不安でしたが無事に届きました。病院代を考えるとコストも下げられ、効果も問題なかったので満足してます。

バイアグラ正規品の見分け方

バイアグラの正規品を見分けるなら、まず正規品バイアグラの形状と比べてみましょう。
バイアグラと日本で認可されているジェネリック薬は、以下のように形状とシルデナフィルの含有量が違います。

  • 青色、ひし形の錠剤(25mgと50mgの2タイプ)
  • ピンク色、フィルムタイプのバイアグラOP(主に50mg、水なしで服用が可能)
  • 白または青色の丸い形の錠剤のジェネリック製剤(主に50mg)

偽物の場合、コーティングが荒かったり丸い錠剤だったり、刻印が本物と違うなど粗雑な作りなものも少なくありません。
バイアグラは、シルデナフィル含有量が25mg、50mg、100mgの規格となっていますので、それ以上を謳うものは確実に偽物です。

偽造品を疑う商品には「並行輸入」と記載されているものや、バイアグラの成分であるシルデナフィルの最大配合量が100mg(日本では50mgまで)以上をアピールしているもの、性行為グッズショップで販売されているものなどもあります。

これらは概ね偽造品であると言えますので購入しないようにしましょう。
特にアダルトグッズなどを取扱っているショップのバイアグラは偽造品と考えてほぼ間違いはありません。

粗悪品を過剰に服用したり、飲み方を誤って死亡したケースも報告されているので、海外の通販サイトを利用して薬を購入する場合は慎重になることが大事です。

バイアグラ正規品を買うなら信頼できる通販サイトから

バイアグラの偽造品は、形だけでその違いを見分けるのは難しいのが現状です。

偽造品は中国、ベトナム、さらにバイアグラを開発したファイザー製薬があるアメリカに至るまで、さまざまな国で製造されていますが、中には副作用で死亡例が報告されたような製品もあるために、気安く手を出すのは大変危険です。

個人輸入代行サービスを受ける場合は、必ず認可を受けた「正規品取り扱い個人輸入代行業者」を通じて購入するようにしましょう。

また個人輸入代行業は合法的に認められていますが、海外の仲介業者や偽造品メーカーは日本の裁判で訴えることが出来ないため、何か問題が起きたとしてもほとんどの場合はそのまま諦めるしか他にありません。

バイアグラを通販購入する

勃起力No.1を誇るバイアグラの効果

アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)は世界の中でも非常に厳しい基準のもと、食品や医薬品に関する検査を実施し、承認を行う政府組織です。

バイアグラは1998年にアメリカで世界初のED治療薬として認可を受けましたが、治験では8割近い患者のED改善が見られ、さらに重大な副作用が少ないことを公開していました。

また日本では海外からの新薬を認可する場合、日本人の体や生活習慣などに影響がないか3~5年かけて臨床検査を実施した上でその可否を判断しますが、バイアグラは例外でした。

まず、アメリカの治験では、すでにその効果や安全性に関するエビデンスが証明されていたことが挙げられます。

そしてバイアグラが承認されていなかった当時の日本では個人輸入をする人が増え、中には質の悪い薬剤を購入して健康を害してしまう事例が次々と出てきたこともあって、アメリカでの販売開始から1年未満で厚生労働省から承認されることになりました。

これら2つの機関の承認までのエピソードが、バイアグラの高い治療効果と安全性を証明していると言えます。

バイアグラの正しい飲み方

  1. 水かぬるま湯で飲む
  2. セックスの1時間前に飲む
  3. 空腹状態で飲む

バイアグラを服用する上で理解しておかなければいけないのは、効果が現れるのは有効成分が体内にある場合の一時的なものであり、みだりに常用することで薬物への耐性ができて効果が薄れてしまうケースがあることです。

バイアグラに耐性ができた場合、シアリスが効かなくなる可能性もあります。
薬剤の効果を最大限に発揮するために、日頃から不摂生な生活習慣やストレスを避けるように心掛けましょう

ファイザー製薬が20名ほどの被験者を対象に実施した臨床試験データでは、バイアグラの含有成分シルデナフィルは単回および連続投与のいずれも、服用後3時間経つと素早く代謝されたと公表されました。
もちろん、バイアグラの作用時間は個人差や服用のタイミングによっても異なりますが、概ね3時間から最長5時間程度で、ブログやレビューなどネット上では5時間効果が持続したという感想も寄せられています。

そしてバイアグラの効果を最大限に活かすには、空腹時に服用する必要があります。

またワイン1杯、日本酒1合程度であれば同時に服用しても問題ないくらいにアルコールの影響は受けにくいですが、アルコールに弱い体質の方は急激に血の流れが増加するので目が充血したり、顔がほてるなどの症状が出やすくなります。

一般的に作用が現れるのは服用後45分から1時間程度ですが、初めて服用するときは、ご自身がどのくらいの時間で効果が現れるのかを確認しておくとよいでしょう。

バイアグラ服用時の飲食の影響

バイアグラに限らず、薬は水かぬるま湯で服用するのが好ましいです。

カフェインやアルコールの成分に弱い体質の方は、バイアグラと一緒に摂取することでその作用を強めてしまうことがありますが、一般的にはカフェイン、アルコールの影響は受けにくいため神経質になる必要はありません。

しかし牛乳やカフェオレなどと一緒に飲むと、その乳脂肪が脂溶性の性質を持つ成分のシルデナフィルを溶かし腸で吸収されないまま体外に出てしまうので、服用時に乳製品を摂るのは避けましょう。

また、カロリーの高い果汁100%のジュースには脂肪酸を含むものもあるため控えてください。
通常、食後6時間程度は脂質が胃粘膜に付着していますが、慢性胃炎や逆流性食道炎、胃を摘出する手術を受けた人、胃腸が弱い人はさらに脂質の代謝に時間がかかります。

食後2時間程度で胃は空の状態になりますが、バイアグラを服用する日はなるべく脂肪分の多い食事をとらないようにしましょう。

バイアグラの副作用に関する注意点

バイアグラを服用してから1時間ほど経過すると、頭がぼーっとする、ドキドキするなど、血流がよくなることで出る症状があります。

動悸、発赤、悪心、発汗などの副作用が続けて現れたり、薬疹が出た場合は服用をやめ、速やかにかかりつけ医に相談しましょう。

また頻度は少ないですが、胸やけや下痢などの消化器系の副作用が出ることがあります。
バイアグラは空腹時に服用する必要があるため、胃腸が弱い、逆流性食道炎、慢性胃炎などによる消化器症状を経験したことのある方は注意してください。

これらの副作用を避けるためにも、以下の点に留意し安全に服用することが大切です。

  • 性行為ドラッグや媚薬といった類の薬ではないため、定められた服用方法に従い、過剰または連続で服用しない
  • 心臓疾患や前立腺肥大症の既往がある方は必ず医師に相談し、指示通りに服用する
  • 現在、持病に対して飲んでいる薬がある方は、バイアグラを服用することに問題がないかを必ず医師に相談してから服用する

バイアグラを飲む前に注意すること

バイアグラの効果には個人差がありますが、効果が出やすい人の条件としては他に既往歴のない人、若年層、小柄な体格の人などがあげられます。

反対に効果が出にくい条件としては高齢者、大柄な体格、高血圧や糖尿病などの生活習慣病や精神疾患を持っている方です。

バイアグラを服用するときは基本的に定められている用法と用量を守る必要がありますが、海外では100mgまでの服用は認められているため、日本でも継続した通院医師が可能と判断した場合に限り100mgまで増量することができます。

増量は50mg1錠と25mg1錠を組み合わせて75mgにするなど、その方の状態に応じて増やし方が変わります。
バイアグラは健康的な性生活をサポートするのが目的ですが、安易な増量は副作用の危険を高めて健康を損なう結果を招きかねません。

したがって医師の指示なしで服用量を増やすことは絶対にしないでください。

バイアグラが食事の影響を受けやすい理由

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは「脂溶性」という油に溶けやすい性質を持っています。
食事の影響を受けやすいということは、これまでにも説明をしましたが、空腹時に服用した場合に、成分のシルデナフィルが体内に迅速に取り込まれるという臨床試験の報告があります。

健康な成人16人に対し「食後」と「空腹時」にそれぞれシルデナフィル50mgを単回で投与したあとのTmax(最高血漿中濃度到達時間)とCmax(最高血漿中濃度)を調べたものです。

食後に投与した場合はTmax:3.0時間、Cmax:149ng/ml、一方で空腹時に投与した場合はTmax:1.2時間、Cmax:255ng/mlという結果であり、空腹時のほうが成分の吸収率もよく、短時間で成分の血中濃度が上昇することがわかりました。

より早く確実な効果を期待する場合は空腹時に服用するのが良いと言えますが、EDは心因性の要因も強く、これは被験者が少ない試験データなので、あまり気にしすぎないのがいいという医師の意見もあります。
また実際のところ空腹のときには性欲が落ちやすいため、脂分を抑えた食事を摂って2時間以上経過してから服用すると良いでしょう。

バイアグラの効果についての科学的なデータ

バイアグラは海外では100mgのものも販売されていますが、日本では25mgと50mgがED治療薬として認可されています。

ここでは、健康成人20名を対象に実施した臨床検査データのうち、バイアグラ25、50、100及び150mgを単回で服用した場合の、シルデナフィルの体内における薬物動態とその影響についてお話をしましょう。

  • 最高血漿中濃度(Cmax):25mgから順番に105,192,425及び674ng/mL
  • 0時間から最終定量可能時間までの血漿中濃度−時間曲線下面積(AUClast):それぞれ231,504,1148及び1977ng・hr/mL
  • 終末相における消失半減期(t1/2)3.23〜3.31時間で血漿中のシルデナフィルは速やかに消失

これらのデータはシルデナフィルの投与量と血中濃度の関係性、血中濃度が半減するまでの時間について示したものです。

結果から、シルデナフィルの血中濃度は投与量に比例して増加し、また服用後約3時間で半減期を迎える、つまり効果が減弱していくということが分かります。

ただし血中濃度の高さは効き目の強さを示すものではないため、シルデナフィル含有量の高い錠剤を服用したからと言って効き目が倍増するというわけではありませんが、2~3時間程度は効果が持続することはどの投与量でも大きな違いはないようです。

日本ではバイアグラおよびそのジェネリック薬は50mgを処方されるのが一般的ですが、バイアグラには25mgタイプもあります。
25mgで充分な効果を得られている人は、あえて50mgに変更する必要はありませんが、25mgから50mgに変更をしたい時は専門機関へ言って増やしても問題ないか確認しても良いでしょう。

バイアグラ通販は違法じゃない?

バイアグラを海外医薬品通販サイトで購入するのは、違法ではありません。

厚生労働省の規定範囲内の量で、あくまでも個人使用を目的とした輸入のみなら、法律上許可されているため安心して入手できます。

その代わり、個人輸入した商品を他者に転売または譲渡することは法律で禁止されており刑罰の対象となりますので「友達に頼まれたから代理で買う」といった買い方はできません。

信頼できる個人輸入代行サービスのサイトでは、大体の場合ジェネリック薬品も多く取り扱われているため安価で入手可能ですし、梱包も中身が分からないような配慮をしてくれるので他人に知られてしまうのではという心配もなく安心して買うことができます。

バイアグラを通販購入する